画面概要・用語集

画面概要

以下に、デフォルトの画面配置を示します。
画面配置はユーザーが変更可能であるため、常にこのようにレイアウトされるわけではありません。

19191919
名前意味
上部ペイン画面上側の領域
右ペイン画面右側の領域
メインカメラ領域主な操作を行うための領域
左上の画像:メインカメラ領域中の白線2本で表された視野角内領域と対応している
サブカメラ領域選択中の直方体を、各面に垂直な3方向から映し出す
ギズモサブカメラ領域にみえるマゼンタ色UI(頂点)
アノテーションの形を変更・回転させることが可能
アノテーション作業者が3D空間中に置く直方体 + 鼻
bounding box(バウンディングボックス)とも言う
鼻は進行方向や表側などを表すのに利用される (アノテーションルールに依る)
補助画像canvas左上に表示されるフレームに対応した通常の画像
表示パネルからその他の補助画像を表示可能(補助画像が2枚以上ある場合)

用語集

名前意味
アノテーション作業者が作成するバウンディングボックスセグメントの総称
バウンディングボックス作業者が作成する直方体
cuboidとも言う
セグメント作業者が作成する頂点の集合
表示されている点群を、ツールで塗りつぶすことで作成する

セマンティックセグメントインスタンスセグメントが存在する
また、すべてのセグメントはレイヤーを持つ
セマンティックセグメント1つのラベルごとに1つのセグメントのみを作成するセグメント
同じラベルのセグメントを増やすことはできず、減らすこともできない

物体を区別する必要が無い場合に利用する
『地面』など
インスタンスセグメント1つのラベルごとに複数のセグメントを作成可能なセグメント

物体を区別する必要がある場合に利用する
『車』など
セグメントのレイヤーセグメントが存在する層
アノテーション仕様により、ラベルごとにレイヤーは決定されており、作業者が変更することはできない

同じレイヤーに存在するセグメントは、頂点を共有できません(『車でも人でもある』ような点を作れません)
また、セグメントを表示する際、大きな値のレイヤーが優先的に表示される